ニューロコンピューター(読み)にゅーろこんぴゅーたー

ASCII.jpデジタル用語辞典「ニューロコンピューター」の解説

ニューロコンピューター

神経細胞(ニューロン)の構造や動きをコンピューターに応用するための技術、またはそのような技術が組み込まれたコンピューターのこと。自己学習機能を持っているため、ノイマン型コンピューターが苦手とする知識処理やパターン処理を得意とする。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「ニューロコンピューター」の解説

ニューロコンピューター(neurocomputer)

人間の神経回路網の構造や働きをモデルにして作られるコンピューター。柔軟な認識推論を行う機能をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニューロコンピューターの言及

【アルゴリズム】より

…そこで最適解を求める代わりに,それに近い〈近似解〉を求める〈近似解法〉が研究され,数万を超える都市についてよい解が得られたとの報告がある。なおこの問題をニューロコンピューターに解かせることも提案されているが,本質的に〈学習に基づく近似解法〉であり,都市数が大きくなると〈学習時間の爆発〉が起こるため数十都市程度しか解かれておらず,まだ実用からはほど遠い。
[非決定性アルゴリズム]
 巡回セールスマン問題に〈すべての都市をちょうど1回ずつ通過し,出発点に戻る〉という条件を追加すると,解が存在しない場合も出てくる。…

※「ニューロコンピューター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android