ニュー西蘭(読み)ニューサイラン

大辞林 第三版の解説

ニューさいらん【ニュー西蘭】

〔ニュージーランドを「新西蘭」と書くところからの名〕
ユリ科の常緑多年草。ニュージーランド原産。葉は剣形でかたく、地下を横走する根茎から出、長さ1メートル 以上に達する。葉の繊維で敷物・綱・袋・帆布などを作る。熱帯・温帯の沼沢地で栽培。ニュージーランド麻。真麻蘭まおらん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ニュー‐さいらん【ニュー西蘭】

〘名〙 (ニューは「ニュージーランド」の略) ユリ科の常緑多年草。ニュージーランド原産で、葉から繊維をとるため沼沢地に栽培される。高さ一・五~三メートル。葉は長さ三メートルに近い剣状で硬く先が二裂している。夏、葉間から花茎がのび、暗赤色または黄色で先が六裂した筒状花が咲く。ニュージーランドあさ。まおらん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android