コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニードル弁 ニードルべんneedle valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニードル弁
ニードルべん
needle valve

針弁ともいう。弁体が針状の弁で,ノズルまたは管内にあって流量を調節する弁。開弁中は摩擦抵抗が小さく,閉弁に際しては無理な衝撃がかかることが少い。流れを乱さない点に特徴があり,水力発電所ペルトン水車の噴出弁にもこの種類の弁が用いられ,流量が調節される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のニードル弁の言及

【バルブ】より

…この場合,弁座に当たる部分にゴムのパッキングがついた弁体を使い,完全水密と補修の便をはかっている。とがった円錐状の弁体をもつものはニードル弁と呼ばれ,流量の微細な調節に向いている。(2)仕切弁 円板状の弁体を仕切戸のように流路に押し込んで流れを遮断する構造のもの(図b)。…

※「ニードル弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニードル弁の関連キーワード水車

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android