ヌエバオコテペケ(英語表記)Nueva Ocotepeque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌエバオコテペケ
Nueva Ocotepeque

ホンジュラス西端部の都市。オコテペケ県の県都。ホンジュラス,グアテマラ,エルサルバドル3国の国境が接する地点近くに位置し,レンパ川に沿う。市は初め現在地の北東方につくられオコテペケと呼ばれたが,1935年のレンパ川支流マルチャラ川の氾濫ののち現在地に移された。肥沃な農業地帯にあって,コーヒー,サトウキビ,小麦,タバコ,家畜を集散する。人口 6667 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android