コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌビア語(読み)ヌビアご(英語表記)Nubian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌビア語
ヌビアご
Nubian language

エジプトとスーダンナイル峡谷,スーダンのコルドファン州とダルフル州で話される言語。ヌビア文字で書かれた,中世以来の文献を有する。ナイロ=サハラ語族のシャリ=ナイル語派に属し,ナイル諸語とともに,東部スーダン諸語の重要なメンバー。話し手約 100万人。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヌビア語の言及

【プノンペン】より

…カンボジアの首都。人口92万(1994)。メコン河口から約300km遡航した自然堤防上の河岸に開けた都市で,港は2500トンまでの船が横づけできる。プノンペンとはカンボジア語で〈ペンの丘〉を意味する。《王朝年代記》によれば,洪水のときに上流から仏像4体が流れつき,敬虔なペンという名の夫人がこの仏像を小さな丘の東斜面に安置したという。これが〈ペン夫人の丘の寺院〉説話で,プノンペン発祥伝説のもととなった。…

※「ヌビア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android