コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌマ・ポンピリウス Numa Pompilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌマ・ポンピリウス
Numa Pompilius

前8~7世紀の伝説的なローマ第2代の王 (伝説によれば在位前 715~673) 。実在したことは確実だがその業績の多くは後世から彼1人に帰せられたにすぎない。サビニ人で,ロムルス (→ロムルスとレムス ) 以後の中間王 (インテルレックス ) の時代を経て即位。さまざまのローマの宗教儀式の創設者とされる。暦を改革して 12ヵ月とし,祭典日,仕事日を定めた。ヤヌス神殿を建て,ユピテル,マルスなどの神官団をおき,ウェスタ女神の巫女団を組織した。また最高神官も彼によって創設されたという。これら宗教制度の決定は女神エゲリアに示唆されたとの伝説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヌマ・ポンピリウスの関連キーワードローマ七王ローマ神話ローマ史ローマ暦フィデスレムス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android