ヌーリスターン(英語表記)Nūrestān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーリスターン
Nūrestān

アフガニスタン北東部,ヒンドゥークシ山脈南東面1万 3000km2を占める地域。コナルハー州ラグマーン州と,ナンガルハール州の北部とが含まれる。多雨気候で,高山以外は森林におおわれ,カブール川の諸支流が深い谷を刻み,アフガニスタンの木材のほとんどを供給している。住民はアフガン人とは別人種のカフィール人で,独自の地域的文化的な特徴をもち,河谷で穀物,果物,家畜を生産する。イギリス領インドとの間で帰属が争われていたが,1890年代にアフガニスタン領が確定。住民のイスラム改宗後,カーフィリスターン (異端者の地) からヌーリスターン (光の地) と改称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android