ネストテーブル(英語表記)nest table

大辞林 第三版の解説

ネストテーブル

入れ子式で、客数に応じて面積の変えられる小ぶりのティー-テーブル。同形でサイズの異なる三~四台で一組となる。スタック-テーブル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ネストテーブル

同素材、統一されたデザインで大きさが少しずつ違う小型のテーブルを組みにし、入れ子にして重ねて置けるようにしたもの。小さなテーブルを使わないときは一番大きなテーブルの下に納まる。3台組みにしたものが一般的。◇和製語。ネスト(nest)+テーブル(table)。「ネスティングテーブル」ともいう。英語ではこの名称(nesting table)または「nest of tables」が一般的。「ネスト(nest)」は入れ子式などになっている箱や盆など、同種のもの一揃い、または「ぴったり重なる、入れ子にする」という意。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android