ネズミタケ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミタケ
ねずみたけ / 鼠茸

担子菌類、マツタケ目ホウキタケ科のキノコの一般名。ホウキタケの仲間は樹枝状に細かく枝を分けて地上に生えるが、その形がネズミの足の指に似ていることから、この名を使う地方が少なくない。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネズミタケの言及

【ホウキタケ】より

…担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科の食用キノコ(イラスト)。ネズミタケともいう。共通の太い茎から幾回も枝を分け,上端は細かい枝がびっしりと並ぶ。…

※「ネズミタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android