コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネットワークロボット ねっとわーくろぼっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ネットワークロボット

ネットワークとロボットの融合形を「ネットワークロボット」という。さまざまな形態が存在するので、総務省は「ビジブル型」「アンコンシャス型」「バーチャル型」という3形態に分類している。「ビジブル型」は目に見えるロボットであり、不特定多数の利用者がネットワークを通じて遠隔操作できる共有ロボットや、パートナーとして人間と一緒に行動し、介護を行なうパーソナルロボットなどが含まれる。「アンコンシャス型」は、周囲の環境に埋め込まれたロボットであり、衣服や装飾具に埋め込まれ、状況に応じた情報提供を行なうパラサイトロボットや、室内でさりげなく人を観察し、気温調整や、湿度調整を行なうロボティックルームなどが含まれる。「バーチャル型」は、ネット上の仮想空間で活動するロボットであり、ネット上での情報収集や手続きを代行してくれるエージェントロボットや、実在の人間の代役としてネット世界に登場するビデオアバターなどが含まれる。異なる形態のネットワークロボット同士がネットワークで協調して1つの作業を行なう、なども可能である。経済産業省は、今後ネットワークロボットの市場は右肩あがりに拡大していくと予想している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ネットワークロボットの関連キーワードロボット間ネットワークプロトコル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネットワークロボットの関連情報