ネネツ語(読み)ネネツご(英語表記)Nenets language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネネツ語
ネネツご
Nenets language

ウラル語族のサモイェード語派に属する言語。北方ツンドラ地帯に約3万人の話し手がいる。ネネツは自称で,ユラーク=サモイェード語 (他称) ともいう。エネツ語 (エニセイ=サモイェード語) やガナサン語 (タウギ=サモイェード語) とともに北部サモイェード諸語にまとめられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ネネツご【ネネツ語】

ウラル語族サモイェード語派の一言語。北極海沿岸のツンドラ地帯にタイミル半島からコラ半島に分布。ロシアの北方民族のうち最大。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のネネツ語の言及

【サモエード諸語】より

… ロシアにおける現在の公称と括弧内に従来用いられた旧称をあげれば,北方語群には(1)ネネツNenets語(ユラク・サモエードYurak‐Samoyed語),(2)エネツEnets語(エニセイ・サモエードYenisei‐Samoyed語),(3)ガナサンNganasan語(タウギ・サモエードTavgi‐Samoyed語)がある。ネネツ語は北東ヨーロッパから西シベリアの北極海沿い,北ドビナ川からエニセイ河口にわたる広い地域で約2万9000人によって話されている(ネネツ族)。行政的にはネネツ自治管区とヤマロ・ネネツ自治管区に属する。…

※「ネネツ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android