ネビンノムイスク(英語表記)Nevinnomyssk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネビンノムイスク
Nevinnomyssk

ロシア南西部,北カフカス,スタブロポリ地方の都市。スタブロポリの南約 50km,大ゼレンチュク川がクバン川に合流する地点にある。農業地帯の中心都市であったが,1950年代中頃より地元の天然ガスをもとに化学工業が発展しはじめ,現在,肥料,プラスチック,合繊などの製造が盛ん。ロストフナドヌーとアゼルバイジャンの首都バクーを結ぶ幹線鉄道が通り,スタブロポリとはハイウェーで連絡。人口 11万8351(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android