ネフェルタリ(英語表記)Nefertari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネフェルタリ
Nefertari

古代エジプト第 19王朝の王ラムセス2世 (在位前 1304~1237) の妃。墓は「王妃の谷」の第 66号墓で,その壁画は第 19王朝を代表する美しい彩色浮彫で有名であるが,最近は湿気のため保存が危ぶまれている。ラムセス2世はハトル女神とネフェルタリのためにアブ・シンベルに小神殿を造ったが,アスワン・ハイダムによる水没から救うため,ユネスコの呼びかけにより国際的協力を得て大神殿とともに移築された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のネフェルタリの言及

【アブ・シンベル】より

…高さ約30m,幅35mの正面に端然と座す四つの巨像は,いずれもラメセス2世(高さ21m)。足もとの立像は皇太后(セティ1世妃)ムトヤ,王妃ネフェルタリ,皇太子アメンヒイコフシェフ等である。正面入口より入った大広間は8本の王のオシリス柱が向かい合って並び,有名なカデシュの戦の浮彫がある。…

※「ネフェルタリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android