コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネプチューンの洞窟 ネプチューンノドウクツ

デジタル大辞泉の解説

ネプチューン‐の‐どうくつ【ネプチューンの洞窟】

Grotte di Nettuno》イタリア半島の西方、サルデーニャ島、サルデーニャ自治州の港町アルゲーロの西約15キロメートル、カッチャ岬の断崖にある鍾乳洞。内部は高さ110メートル、全長2.5キロメートルに及ぶ。15世紀に発見され、19世紀にサルデーニャ王カルロ=アルベルトが音楽会を開いたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ネプチューンの洞窟の関連キーワードカステッラーナの鍾乳洞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android