コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネレオキスチス Nereocystis luetkeana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネレオキスチス
Nereocystis luetkeana

褐藻類コンブ目レッソニア科の巨大な海藻。全長 20~30m。細長い柄の先端に大きな浮嚢があり,その上に細長い葉が叢生している。北アメリカアラスカよりカリフォルニアにかけての海域に分布する。この藻の海草灰からヨードをとり,アルギン酸の原料や肥料にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android