浮嚢(読み)ふのう

精選版 日本国語大辞典「浮嚢」の解説

ふ‐のう ‥ナウ【浮嚢】

〘名〙
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「浮不借他、油鉢常自持」 〔北本涅槃経‐一二〕
褐藻類ホンダワラ、スギモク類に見られる枝や葉の一部についた気胞。中に空気があり、からだを浮かせる役目を果たしている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android