コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネロとパトラッシュの像 ネロとパトラッシュのぞう

1件 の用語解説(ネロとパトラッシュの像の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネロとパトラッシュのぞう【ネロとパトラッシュの像】

ベルギー北部の同国第2の都市アントワープ近郊、ホーボーケン(Hoboken)のカペル通りにほど近い広場の観光案内所の前にある小さなブロンズ像。ホーボーケンは、イギリスの女性作家ウィーダOuida、1839~1908年)の童話『フランダースの犬』の主人公のネロ少年が、祖父と愛犬のパトラッシュとともに暮らしていたとされる村である。◇この童話は日本では有名だが、実は現地のフランドル地方ではほとんど知られていなかった。この童話の舞台を訪れる日本人観光客がこの童話を現地で有名にしたともいわれる。なお、ネロとパトラッシュの像はアントワープのノートルダム大聖堂の前にもある。この大聖堂のルーベンスの絵画の下でネロは天国へ旅立った。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネロとパトラッシュの像の関連キーワードアントワープアントウェルペンヘントメヘレンジンメルの塔聖グマルス教会Ошアルベール運河スヘルデ[川]ベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone