コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイトロジン ノイトロジン

1件 の用語解説(ノイトロジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイトロジン
ノイトロジン

好中球を選択的に増加させる作用をもつ顆粒球コロニー刺激因子製剤で,遺伝子組換えにより大量生産が可能である。好中球を選択的に増加させる作用をもち,非ホジキン白血病,癌化学療法に伴う好中球減少症骨髄移植時の好中球数の増加促進,再生不良性貧血,骨髄異型性症候群に伴う好中球減少症などの治療薬として用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノイトロジンの関連キーワード好中球催淫剤風大GCSF抗変異原多形核白血球ハインツ顆粒プラゾシン選択変成作用ガスによる運搬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone