コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好中球減少症 コウチュウキュウゲンショウショウ

4件 の用語解説(好中球減少症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうちゅうきゅう‐げんしょうしょう〔カウチユウキウゲンセウシヤウ〕【好中球減少症】

血液中の好中球の数が異常に減少した状態。感染症にかかりやすくなる。薬剤の影響や、再生不良性貧血などの血液疾患、肝硬変膠原病ウイルス感染などが原因となって起こる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

好中球減少症

 好中球の末梢血液中の数が減少した状態もしくはそれによって起こる疾病.感染に対する抵抗性が減少し,感染症を起こしやすいとされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

好中球減少症
こうちゅうきゅうげんしょうしょう

白血球減少症」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

好中球減少症
こうちゅうきゅうげんしょうしょう

血液中の好中球の絶対数が減った状態、あるいはそれにより起こる疾病。こうした状態を易感染状態と表現し、好中球数の減少の程度に応じて軽症、中等症、重症に分け、重症度が増すにつれて免疫力が減退し、感染症を発症する危険性が高まる。好中球は、白血球のなかで好酸球や好塩基球と同じ顆粒(かりゅう)球の仲間であるため、顆粒球減少症もほぼ同義として扱われることが多い。また血中の白血球数の減少によって易感染状態となる白血球減少症も、多くは白血球の50%以上を占める好中球やリンパ球の減少によるもので、これも実際には好中球減少症と同じ意味で使われることが一般的である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

好中球減少症の関連キーワード血小板減少症好中球GCSF異常γグロブリン血症高チロシン血高ビリルビン血高リン酸血多形核白血球低γグロブリン血アルネート指数(臨床医学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

好中球減少症の関連情報