コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好中球 コウチュウキュウ

栄養・生化学辞典の解説

好中球

 中性の色素でよく染色される白血球の一群.白血球の約50%を占める.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうちゅうきゅう【好中球】

白血球の一。白血球の約60パーセントを占め、運動性と食作用が著しく、急性炎症の場で中心的役割を果たす。細胞質中に酸性および塩基性色素に染まりにくい顆粒をもつ。好中性白血球。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の好中球の言及

【炎症】より

…痛みの原因は,はれによる周囲神経への圧迫などによると考えられていたが,現在では,むしろセロトニンやブラジキニンと共同して働くプロスタグランジンの作用が局所の痛みに関与していると推測されている。(2)滲出 次いで,血液中の白血球(主として好中球と単球)が血管から周囲の組織内に出てくる。電子顕微鏡で見ると,白血球はまず血管壁の内腔側にある血管内皮細胞に付着し,次いで内皮細胞の細胞間隙へ侵入し,そして内皮細胞と周囲組織との間にある基底膜を破って血管の外へと出る。…

【血球】より

赤血球(2)白血球 白血球と総称されるものは,大きさ,核の特徴,細胞質の顆粒などから5種類に分類される。まず,顆粒をもった白血球が最も多く,顆粒の染色性から,淡紫紅色の顆粒(中性の色調)を有するものを好中球,粒状の橙色(酸性)顆粒を有するものを好酸球,濃い青紫色で粗大な顆粒をもった血球を好塩基球という。この3種の白血球は,共通して顆粒を有することから顆粒球と総称される。…

【白血球】より

…骨髄で生産され,体内に侵入した病原微生物や異物を貪食する。好中球,好酸球,好塩基球の3種がある。 好中球はエオジン‐メチレンブルー染色で顆粒が中間的な淡桃~淡紫赤色に染まることから名づけられた。…

※「好中球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

好中球の関連キーワード白血球減少症(好中球減少症/無顆粒球症)アルネート公式(臨床医学)アルネート指数(臨床医学)子どもの白血球減少症チェジアック=東病白血球自動分析装置ANCA関連腎炎フェルティ症候群白血球機能異常症再生不良性貧血クリオピリン白血球減少症呼吸バースト白血球増加症多形核白血球好中球減少症ノイトロジンキラー細胞ジェブタナ一酸化窒素

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

好中球の関連情報