ノイマン線(読み)ノイマンせん(英語表記)Neumann line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイマン線
ノイマンせん
Neumann line

α鉄は普通はすべり変形 (→結晶塑性 ) をするが,打撃などによる衝撃的な変形あるいは低温での変形の場合には,しばしば不連続的な双晶変形をすることがある。このとき結晶粒内に現れる幅の狭い平行な双晶線群を発見者のドイツの鉱物学者 F. E.ノイマンにちなんでノイマン線という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

ノイマン線【Neumann lines】

機械的な変形によって生じる双晶の列.急激な衝撃を受けて歪みを与えられた結晶面上に,狭い鋸歯状の帯として観測される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android