コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双晶 そうしょうtwin

翻訳|twin

6件 の用語解説(双晶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双晶
そうしょう
twin

特定の方位関係と境界面をもつ2つ以上の単結晶から成る結晶。境界面に関して鏡映の方位をとる場合が多く,鏡映面を双晶面と呼ぶ。双晶境界のエネルギーは通常の多結晶粒界のエネルギーに比べて非常に小さい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐しょう〔サウシヤウ〕【双晶】

2個以上の鉱物の結晶が、一定の角度で規則正しく結合しているもの。水晶の接合双晶、斜長石の繰り返し双晶など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

双晶【そうしょう】

二つの同種結晶が一つの平面を対称面として,または一つの直線を2回対称軸(対称)として,結合していること。対称面を双晶面,対称軸を双晶軸という。二つ以上の結晶の場合にはそれぞれ三連晶,四連晶,集片双晶という。
→関連項目単結晶平行連晶ムーンストーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうしょう【双晶 twin】

同一の種類の結晶の集合状態の一種。一つの種類の結晶ができるときには,遊離した個々の単結晶となる場合もあるが,多くは結晶個体が互いにくっつきあった集合体となる。これらの集合体の中では個々の結晶の方位が不規則であるのが普通であるが,ときには二つの結晶個体の相互の方位にある幾何学的な規則性がある場合があり,それら2個体の方位が互いに異なればこれを双晶という。また,2個体が互いに平行にくっつきあっている場合にはこれを平行連晶parallel growthという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうしょう【双晶】

二個以上の結晶が、一定の幾何学的規則性をもって一体に結合しているもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双晶
そうしょう
twin

2個の結晶が一定の結晶学的関係を保つよう接合して一つの結晶個体になったもの。その結晶個体に2回回転軸に相当する対称軸があるときにはその軸を双晶軸、鏡映面に相当する対称面があるときにはその面を双晶面という。接合した2個の結晶が平面で接していたならば、その接合面は双晶面と一致するか、あるいはそれに垂直である。双晶は見かけ上、単結晶のようであるが、X線回折挙動が複雑であり、精密な構造解析は困難なことが多い。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の双晶の言及

【双子】より

…双生児ともいう。1回の分娩で2子が生まれること。
【医学からみた双子】
 双子を妊娠していることを双胎妊娠といい,また2人以上を妊娠しているとき多胎妊娠という。双胎妊娠の頻度は世界的にみて平均すると約80回の妊娠に1回といわれているが,民族や地域によって多少の差があり,北欧のデンマーク,スウェーデンでは1.5~1.6%と多く,南米諸国,ベトナム,中国ではずっとその頻度が少なくなる。日本ではちょうど中間くらいで,約1%とされている。…

【結晶】より

…多結晶の例には,器具類や機械類の材質である種々の金属がある。なお,2個の単結晶が向きを異にしてくっつきあっていて,その接合に一定の規則性がある場合があり,それを双晶とよぶ。また無定形物質の例としてはゴムやガラスがある。…

※「双晶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone