コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶塑性 けっしょうそせい crystalline plasticity

1件 の用語解説(結晶塑性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結晶塑性
けっしょうそせい
crystalline plasticity

金属結晶は応力により最初弾性変形したのち,ある程度以上の力で永久変形に移る。この性質を結晶塑性という。その基本的機構は転位の運動によるすべり (→結晶のすべり ) である。実際の金属結晶内には非常に多くの転位が存在するので,応力を受けた結晶ではすべりが次々となだれのように起り,結果として結晶全体が変形する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結晶塑性の関連キーワード弾性弾性変形弾性率テンソル塑性変形変形金属結晶ケスター効果ビンガム塑性フォン=ミーゼスの降伏条件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone