コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶塑性 けっしょうそせいcrystalline plasticity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結晶塑性
けっしょうそせい
crystalline plasticity

金属結晶は応力により最初弾性変形したのち,ある程度以上の力で永久変形に移る。この性質を結晶塑性という。その基本的機構は転位の運動によるすべり (→結晶のすべり ) である。実際の金属結晶内には非常に多くの転位が存在するので,応力を受けた結晶ではすべりが次々となだれのように起り,結果として結晶全体が変形する。しかしこのなだれは結晶全体に一様に起るのではなく,数万原子面以上の間隔をへだてて起るので,ひとつひとつのなだれで生じたすべり階段 (→すべり帯 ) はすべり線として顕微鏡下に,あるいは単結晶の変形では肉眼でも見ることができる。金属結晶の塑性変形はすべりのほかに双晶変形による場合もあるが,多くの金属ではすべり変形が圧倒的に多い。塑性変形は転位の運動によるので,転位がなければ結晶は硬化するが (→ひげ結晶 ) ,一方転位が多くなりすぎてもその相互作用で転位が動きにくくなるので硬化する (→加工硬化 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

結晶塑性の関連キーワードモット(Nevill Francis Mott)金属組織学ノイマン線法線応力格子欠陥超塑性

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結晶塑性の関連情報