コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノコル Nökör

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノコル
Nökör

モンゴル帝国の成立期に遊牧諸族の長に仕えた家臣の一般的な称。原義は「友」であり,対等な友人の称でもあったが,歴史用語としては家臣を表わす。これを西欧封建制の主従関係における従士にあてるとする説もあるが,近年は主人への隷属性が強調され,上の説は疑われている。それは遊牧君長の最も信頼できる軍事的奉仕者であり,また家内雑役も分担。チンギス・ハンに奉仕したノコルは,おもに帝国成立後,軍事,行政組織千戸集団の長に任命された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノコルの関連キーワードサイエンス・ダイエット ネイチャーズベストコルチコステロイド結合グロブリンコルチコステロイド結合タンパク質チェルニー・ステファニスカコロンバイトタンタライトステロイド結合タンパク質コレスポンデンスプルジェバリスクコルベンハイアーコレスポンデントカザルス三重奏団アルゴナウティカコルチコステロントランスコルチンソウルトレーンアルティプラノ或る夜の出来事カネ・コルソコルキス王国アペニン山脈

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android