コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千戸 せんこmingghan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千戸
せんこ
mingghan

モンゴルの遊牧民の伝統的行政軍事組織。 1000人の兵士または労働力を供出できる単位。すでに匈奴帝国にも万騎を率いる二十四長の下に,それぞれ千長,百長,什長があった。柔然も 1000人を軍とし,100人を単位とする組織をもっていた。モンゴルチンギス・ハンは,征服した遊牧民の諸氏族,部族を千戸に再編成し,その長 (千戸) は世襲制で,一種の建領となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の千戸の言及

【千戸制】より

…千戸を基礎として形成されていたモンゴル帝国の制度。千戸(ミンガンmingghan)は10の十戸(アルバンarban)を含む10の百戸(ジャグンjaghan)から成る。…

【モンゴル帝国】より

…テムジンは建国の過程で打倒した部やオボクの人畜多数を自分で保有し家族に与えた以外は,恩賞として主としてノクルに分与し管理させたようである。そして建国時にオボクとは別の遊牧民伝統の十進法的編成の千戸を国制の基本として採用し(オボクは消滅したわけではない),彼に仕えてきた功臣88人を千戸の長(ノヤン)に任命し,95の千戸を支配させたが,彼らの多くはノクルであったのである。多分彼らの率いた千戸の多くは,かつて彼らに分与された者たちを基礎に組織されたのであろう。…

※「千戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千戸の関連キーワードニュージーランド(NZ)南部地震東電施設火災と大規模停電国家公務員宿舎の削減計画マンション建設ラッシュ広島・長崎への原爆投下北但(ほくたん)大震災都市再生機構(UR)豪雨による農業被害北軽井沢の別荘開発バイジュ(拝住)震災後の避難生活オール電化住宅県内の畜産状況建物強制疎開災害危険区域NZ南部地震北九州大水害戦時下の奄美県内の養蚕業ニュータウン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千戸の関連情報