コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従士 ジュウシ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐し【従士】

供をする武士。供の侍。供侍(ともざむらい)。
古代ゲルマンの主従制度で、有力者に付き従って奉仕する自由民。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうし【従士】

とものさむらい。従者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の従士の言及

【従士制度】より

…古代のゲルマン人の国家(キウィタス)には,全自由人から構成される軍隊のほかに,いわば私的な軍事的主従制度があった。すなわち,自由人(若年の貴族も含まれる)が,首長や軍事能力にすぐれた者に誠実の宣誓をおこない,彼らの従士(ラテン語でcomes,ドイツ語でGefolge)となる慣行があり,この慣行を従士制度と呼ぶ。他人の従士となることはいささかも恥辱ではなく,身分の低下を伴うことはない。…

※「従士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

従士の関連キーワードラサリーリョ・デ・トルメスの生涯ハインリヒ[フェルデケの]託身(封建的臣従の儀礼)ベネディクト・ビショップウィテナイェモートヒルデブラントの歌サンチョ・パンサクヌード(大王)フアン・マヌエルアントゥルスチオビルケベイネルキエフ・ロシア封建制[西洋]ベネフィキウム日下部伊三次イーゴリ軍記バサリテート関口 友愛西村 捨三ブイリーナ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android