従士(読み)ジュウシ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐し【従士】

供をする武士。供の侍。供侍(ともざむらい)。
古代ゲルマンの主従制度で、有力者に付き従って奉仕する自由民。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐し【従士】

〘名〙
① つき従うさむらい。供のさむらい。〔書言字考節用集(1717)四〕
② 古代ゲルマンの主従制度において、主君に奉仕すべく選ばれた未成年の自由民。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の従士の言及

【従士制度】より

…古代のゲルマン人の国家(キウィタス)には,全自由人から構成される軍隊のほかに,いわば私的な軍事的主従制度があった。すなわち,自由人(若年の貴族も含まれる)が,首長や軍事能力にすぐれた者に誠実の宣誓をおこない,彼らの従士(ラテン語でcomes,ドイツ語でGefolge)となる慣行があり,この慣行を従士制度と呼ぶ。他人の従士となることはいささかも恥辱ではなく,身分の低下を伴うことはない。…

※「従士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android