ノックイン条項(読み)のっくいんじょうこう

会計用語キーワード辞典の解説

ノックイン条項

オプション等において、原資産等が一定の価格に達した場合に、権利が発生する条項。ノックイン条項がついたオプションをノックインオプションといい、オプションの原資産価格が、オプション期間中に一定の価格に達することによって、オプションの権利が初めて発生します。効果としては、オプション評価額を引き下げることができます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

M&A用語集の解説

ノックイン条項

オプション等において、原資産等が一定の価格に達した場合に、権利が発生する条項。ノックイン条項が付されたオプションをノックインオプションといい、オプションの原資産価格が、オプション期間中に一定の価格に達することによって、オプションの権利が初めて発生する。オプション評価額を引き下げる効果を持つ。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android