コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原資産価格 げんしさんかかく

会計用語キーワード辞典の解説

原資産価格

オプション取引のもとになる商品(株式債券)を原資産といい、その価格を原資産価格といいます。ちなみにオプションとは、金融取引において、株式や債券などの金融商品を、将来の一定期間内もしくは一定の時期にあらかじめ定めておいた条件で売買できる権利のことです。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

M&A用語集の解説

原資産価格

金融取引において、株式や債券などの金融商品を、将来の一定期間内もしくは一定の時期にあらかじめ定めておいた条件で売買できる権利をオプションというが、このオプション取引のもとになる商品(株式や債券)を原資産といい、その価格を原資産価格という。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

原資産価格の関連キーワードノックアウト・オプション(knockout option)ノックイン・オプション(knockin option)ボラティリティ(Volatility)エキゾチック・オプションエキゾチックオプションノックアウト条項バリアオプションノックイン条項二項モデル

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android