コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原資産価格 げんしさんかかく

2件 の用語解説(原資産価格の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

原資産価格

オプション取引のもとになる商品(株式や債券)を原資産といい、その価格を原資産価格といいます。ちなみにオプションとは、金融取引において、株式や債券などの金融商品を、将来の一定期間内もしくは一定の時期にあらかじめ定めておいた条件で売買できる権利のことです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

原資産価格

金融取引において、株式や債券などの金融商品を、将来の一定期間内もしくは一定の時期にあらかじめ定めておいた条件で売買できる権利をオプションというが、このオプション取引のもとになる商品(株式や債券)を原資産といい、その価格を原資産価格という。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原資産価格の関連キーワードコールオプションプットオプション日経二二五オプション株価指数オプションオプション(Option)コールオプション(Call Option)金融派生商品(Derivatives)派生商品(Derivatives)派生商品

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原資産価格の関連情報