コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原資産価格 げんしさんかかく

会計用語キーワード辞典の解説

原資産価格

オプション取引のもとになる商品(株式や債券)を原資産といい、その価格を原資産価格といいます。ちなみにオプションとは、金融取引において、株式や債券などの金融商品を、将来の一定期間内もしくは一定の時期にあらかじめ定めておいた条件で売買できる権利のことです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

M&A用語集の解説

原資産価格

金融取引において、株式や債券などの金融商品を、将来の一定期間内もしくは一定の時期にあらかじめ定めておいた条件で売買できる権利をオプションというが、このオプション取引のもとになる商品(株式や債券)を原資産といい、その価格を原資産価格という。

出典|株式会社ストライクM&A用語集について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原資産価格の関連情報