ノバヤ・ゼムリャ[島](読み)ノバヤゼムリャ

百科事典マイペディアの解説

ノバヤ・ゼムリャ[島]【ノバヤゼムリャ】

ロシア,北極海上の島。バレンツ海とカラ海の間にある。南北に細長く,ごく狭い水路で南北の2島に分けられ,多くの付属小島を含む。石炭,銅などの鉱産がある。8万3000km2。北部は大部分氷河におおわれている。最高点は標高1547m。1956年核実験場に指定され,島民全員がよそへ移住させられた。1961年には最大規模の水爆実験が行われ,深刻な放射能汚染を引きおこした。付近の海は禁漁区となっている。
→関連項目バレンツ海

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android