コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁漁区(読み)きんぎょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禁漁区
きんぎょく

漁労を禁じられている区域。公園,公共施設の池などをはじめ,法令条例などに定められた禁漁区は,水産資源の保護培養のためのもので,期間を限って解禁することが特色産卵稚魚成育などに適した水面農林水産大臣などが指定する場合もある。また,特定漁具漁法の制限もあり,欧米の河川のます釣り (擬餌針釣りのみ許可) などはその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きんりょうく【禁漁区】

水産資源の保護育成のため、漁獲・採取が禁止されている特定の区域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の禁漁区の言及

【増殖】より

…期間を決める際に総漁獲量の制限を組み込むこともある。(3)漁場の制限 禁漁区,保護水面,育成水面などを設け,産卵場や稚仔の生育場所を保護する。禁漁区にはあらゆる漁業を禁止するものと,特定の生物種,期間,漁具・漁法に限って禁止するものとがある。…

※「禁漁区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禁漁区の関連情報