コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンツ海 バレンツかい Barents Sea

4件 の用語解説(バレンツ海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレンツ海
バレンツかい
Barents Sea

北極海の縁海の一つ。スカンジナビア半島北岸,ロシア北西部,ノーバヤゼムリャーフランツヨシフ諸島スバールバルノルウェー領)に囲まれ,大きな入江の白海を有する。面積約 137万km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バレンツ海【バレンツかい】

北極海の一部で,ヨーロッパ北岸とノバヤ・ゼムリャ島,フランツ・ヨシフ諸島,スバールバル諸島の間の海域。英語でBarents Sea。面積約137万km2
→関連項目フランツ・ヨシフ[諸島]ペチョラ[川]北極海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バレンツかい【バレンツ海 Barentsevo more】

北極海の一部。ヨーロッパ大陸北岸とノルウェーのスバールバル諸島ロシア連邦のフランツ・ヨシフ諸島,ノバヤ・ゼムリャ島などに囲まれる。面積約142万4000km2,平均深度229m。水深360~400mの部分が広く分布する。最深点はノルウェー北端とスバールバル諸島を結ぶ中央部の約600m。沿岸部は大陸側も島嶼(とうしよ)側もフィヨルドの部分が大半を占めるが,大陸の東岸は低平である。流入する河川のうちでは,ペチョラ川が最大。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレンツ海
ばれんつかい
Баренцево Море Barentsevo More 

北極圏にある海域の一つ。南はスカンジナビア半島東部ないしロシア連邦北部海岸に限られ、東はノバヤ・ゼムリャを挟んでカラ海、北はゼムリャ・フランツァ・イオシファ(フランツ・ヨーゼフ・ランド)、スバールバル(スピッツベルゲン)諸島を挟んで北極海、西はノルウェー海に続いている。面積141万4000平方キロメートル。水深は平均200メートル、最深部600メートル。北大西洋海流(暖流)が反時計回りに流れ込んでいる。冬は結氷するが、夏は北東~北西部を除き、開水域となる。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレンツ海の関連キーワード西ヨーロッパ南ヨーロッパ旧大陸ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパポイントポルトヨーロッパヨーロッパ通貨機構《クックのヨーロッパ大陸時刻表》ヨーロッパ級

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バレンツ海の関連情報