コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンツ海 バレンツかいBarents Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレンツ海
バレンツかい
Barents Sea

北極海の縁海の一つ。スカンジナビア半島北岸,ロシア北西部,ノーバヤゼムリャーフランツヨシフ諸島スバールバル(ノルウェー領)に囲まれ,大きな入江の白海を有する。面積約 137万km2。16世紀のオランダの探検家ウィレム・バレンツにちなんで命名された。深度は浅く,平均深度約 230m,最大深度 600m。古第三紀の時代には陸地であり,かなり強力な河川が表面を流れていた。氷河時代には氷河で覆われ,のちに沈降した。そうした過去の地形パターンが残っている。堆積物はシルト,砂あるいは砂-シルトの混合からなる。北大西洋海流の影響で水温は南西側で高く,2月にも 1~3℃。漁業海域として発展しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バレンツかい【バレンツ海 Barentsevo more】

北極海の一部。ヨーロッパ大陸北岸とノルウェーのスバールバル諸島,ロシア連邦のフランツ・ヨシフ諸島,ノバヤ・ゼムリャ島などに囲まれる。面積約142万4000km2,平均深度229m。水深360~400mの部分が広く分布する。最深点はノルウェー北端とスバールバル諸島を結ぶ中央部の約600m。沿岸部は大陸側も島嶼(とうしよ)側もフィヨルドの部分が大半を占めるが,大陸の東岸は低平である。流入する河川のうちでは,ペチョラ川が最大。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレンツ海
ばれんつかい
Баренцево Море Barentsevo More 

北極圏にある海域の一つ。南はスカンジナビア半島東部ないしロシア連邦北部海岸に限られ、東はノバヤ・ゼムリャを挟んでカラ海、北はゼムリャ・フランツァ・イオシファ(フランツ・ヨーゼフ・ランド)、スバールバル(スピッツベルゲン)諸島を挟んで北極海、西はノルウェー海に続いている。面積141万4000平方キロメートル。水深は平均200メートル、最深部600メートル。北大西洋海流(暖流)が反時計回りに流れ込んでいる。冬は結氷するが、夏は北東~北西部を除き、開水域となる。[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バレンツ海の関連キーワードノルウェーとロシアの海の境界合意ボリシェゼメリスカヤツンドラユゴールスキーシャル海峡フランツ・ヨシフ[諸島]ノバヤ・ゼムリャ[島]カルスキエボロータ海峡ノバヤ・ゼムリャ[島]ネネツ(ロシアの地名)スバールバル[諸島]マトチキンシャル海峡E. レーダーセベロモルスクフィンマルク県バイガチ[島]ルイバチー半島ノールカップ岬ノールキュン岬ノルウエー海流ペチョラ[川]ナリヤンマル

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バレンツ海の関連情報