コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラ海 カラかいKara Sea; Karskoje more

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラ海
カラかい
Kara Sea; Karskoje more

北極海の縁海の一つ。西は西シベリア低地沿岸とノーバヤゼムリャー,北西はフランツヨシフ諸島,東はセーベルナヤゼムリャーに囲まれている。北部で北極海盆と,西部でバレンツ海と,東部でラプテフ海とつながる。88万km2の面積を有し,平均深度は 127m,最深部は 620m。流入する河川にはエニセイ川オビ川ピャシナ川,カラ川などがあり,カラ海はこの名にちなんで命名された。カラ海はシベリア陸棚上にあり,このため約 40%が 50m以浅で,2%が 500m以深である。陸棚は北部の二つの広い深海トラフによって分断されている。地質学的には,カラ海は最も若い時代,最新氷河時代の退氷の結果形成された。褐色シルト,灰色シルト,青色シルトがトラフや深海の凹地に,砂質シルトが海底隆起部と浅海部に,岩屑土が北東部に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カラ海【カラかい】

ロシア,シベリア北方の湾入で,北極海に属する。ロシア語でKaraskoe more。西はノバヤ・ゼムリャ島,東はセベルナヤ・ゼムリャ島で限られる。約88万km2,最大水深540m。
→関連項目北極海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラかい【カラ海 Karskoe more】

ロシア連邦北部,西シベリア低地の北につづく,北極海の一部。西をノバヤ・ゼムリャ,北をフランツ・ヨシフ諸島,東をセベルナヤ・ゼムリャで境される。面積88万km2。最深点はノバヤ・ゼムリャ東沖で620m,平均深度127m。総面積の半ば近くが水深50mにみたない。気温0℃以下の日が7~10ヵ月つづき,7月にも激しい寒さがくる。氷の下の水温も,夏の浮氷間の水温も-1.5℃程度でほとんど変わらず,大西洋から到達する暖流の潜流が深さ150~200mを東流し,その部分の水温は2~3℃である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラ海
からかい
Карское Море Karskoe More

北極海の一部を占める海域。英語名Kara Sea。東をロシア連邦のセーベルナヤ・ゼムリャ(群島)、西をノバヤ・ゼムリャ島、南をシベリアで囲まれる。面積約88万平方キロメートル、平均水深127メートル、最大水深620メートル。エニセイ、オビ、ピャシナの大河が流れ込み、河口付近では漁業が行われる。冬季は海氷に覆われ、8~9月の融氷期に船の航行が可能である。沿岸には主要中継港のディクソンDiksonがある。[小宮山武治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カラ海の関連キーワードノルデンシェルド(Baron Nils Adolf Erik Nordenskiöld)セベルナヤ・ゼムリャ[諸島]ユゴールスキーシャル海峡ノバヤ・ゼムリャ[島]ノバヤ・ゼムリャ[島]カルスキエボロータ海峡ヤマロネネツ自治管区マトチキンシャル海峡ビリキツキー海峡チェリュスキン岬ムルタノフスキータイムイル半島バイガチ[島]エニセイ[川]サモエード諸族ヤマル[半島]タイミル半島タイムイル湖バイガチ島オビ[川]

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラ海の関連情報