コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリソダ騒動記

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ノリソダ騒動記

ノリ養殖の漁業権をめぐり、渥美半島有力者「地方ボス」が暗躍し、利益を独占するのを、共産党の地区細胞が壁新聞で暴露する。細胞の杉浦明平らは名誉毀損(きそん)の罪で訴えられ、無罪確定までの闘争の様子を描いた。1953年。

(2013-01-24 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

のりそだそうどうき〔のりそだサウドウキ〕【ノリソダ騒動記】

杉浦明平の小説。昭和28年(1953)刊。地方ボスと共産党地区細胞の、ノリ漁業権を巡る政治抗争を、ユーモアを交えて描いたルポルタージュ文学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ノリソダ騒動記の関連キーワード杉浦 明平記録文学ノリ養殖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android