コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルウェジアン・エルクハウンド[種] Norwegian elkhound

1件 の用語解説(ノルウェジアン・エルクハウンド[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノルウェジアン・エルクハウンド[種]【Norwegian elkhound】

原産地がノルウェーの獣猟犬。このイヌはサルキーとともに世界最古の犬種で,スカンジナビア地方では紀元前数千年の昔から存在したといわれる。犬種名のとおり北ヨーロッパからアジアに生息するヘラジカ猟に活躍した。クマやオオカミ猟にも使われ,また万能犬として牧羊犬,家庭犬,警備犬,軍用犬にも利用されてきた。性格は大胆で忍耐強く,温和でもある。体高は約45~52cm,三角形の立ち耳,太い巻尾で中型日本犬によく似ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノルウェジアン・エルクハウンド[種]の関連キーワードノルウェー語猟犬ノルウェー・クローネノルウェジアン・エルクハウンドノルウェジアン・パフィン・ドッグノルウェジアン・ブーフントノルボッテン・スピッツブラック・ノルウェジアン・エルクハウンドウェストランド種 (Westland)デール・グッドブランダール種 (Døle, Døle-Gudbrandsdal, Dølehest )

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone