コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルウェジアン・エルクハウンド[種] Norwegian elkhound

1件 の用語解説(ノルウェジアン・エルクハウンド[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノルウェジアン・エルクハウンド[種]【Norwegian elkhound】

原産地がノルウェーの獣猟犬。このイヌはサルキーとともに世界最古の犬種で,スカンジナビア地方では紀元前数千年の昔から存在したといわれる。犬種名のとおり北ヨーロッパからアジアに生息するヘラジカ猟に活躍した。クマやオオカミ猟にも使われ,また万能犬として牧羊犬,家庭犬,警備犬,軍用犬にも利用されてきた。性格は大胆で忍耐強く,温和でもある。体高は約45~52cm,三角形の立ち耳,太い巻尾で中型日本犬によく似ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone