コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルウェー美術 ノルウェーびじゅつNorwegian art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノルウェー美術
ノルウェーびじゅつ
Norwegian art

次の3期に大別できる。 (1) バイキングの時代 キリスト教化以前のグロテスクな怪獣文,抽象文を付した生活用具,祭器に代表される (→バイキング美術 ) 。 (2) ヨーロッパ中央の美術の模倣時代  11世紀後半以降,ヨーロッパ・キリスト教圏文化のロマネスクゴシック,アングロ・ノルマン,ルネサンスバロックロココ様式などの模倣に終始した。 (3) 独自の近代美術の時代 印象主義絵画を予想させる 19世紀前半の風景画家 J.ダール,表現主義絵画の先駆的役割を果した 19世紀末の E.ムンク,20世紀の彫刻家 G.ビーゲラン,原始的素材と近代工芸を結びつけてバイキング様式を生んだ建築家 H.ムンテなど,近代美術における独自の地歩を築いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android