模倣(読み)モホウ

デジタル大辞泉 「模倣」の意味・読み・例文・類語

も‐ほう〔‐ハウ〕【模倣/×摸倣】

[名](スル)他のものをまねること。似せること。「人の作品を―する」
[類語]まね模擬人まね猿まね右へ倣え複写模写複製写し模造紛い物偽物真似事模する倣う見倣うなぞらえる擬するイミテーションカーボンコピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「模倣」の意味・読み・例文・類語

も‐ほう‥ハウ【模倣・摸倣】

  1. 〘 名詞 〙 まねること。似せること。また、行動態度慣習思想などについて、ある個人集団表現刺激され、他の個人や集団が、それと類似の表現を行なうこと。ぼほう。
    1. [初出の実例]「及中世、摹倣唐制」(出典日本外史(1827)一)
    2. 「幾年か彼女は花鳥の模倣を習った」(出典:家(1910‐11)〈島崎藤村〉下)
    3. [その他の文献]〔宣和書譜‐一・太宗〕

ぼ‐ほう‥ハウ【模倣】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「ぼ」は模の漢音 ) =もほう(模倣)
    1. [初出の実例]「今衣冠の制中古唐制に模倣(ボホウ)せしより流て軟弱の風をなす」(出典:新聞雑誌‐一二号・明治四年(1871)九月)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「模倣」の読み・字形・画数・意味

【模倣】もほう(はう)

まねする。〔宣和書譜、一、歴代諸帝、唐太宗(もと)より王羲之の字を好み、心、~の餘、倣することを廢せず。

字通「模」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「模倣」の意味・わかりやすい解説

模倣
もほう
imitation

一般には人の動作などをまねることの意であるが,心理学では,ある反応がその刺激の性質に類似しようとする傾向をいう。また社会学では,G.タルドが社会現象を人の心の関係とみて,この関係を広義の模倣ととらえ,「模倣の法則」と名づけて社会学の基礎とした。哲学用語としては,ミメーシスと同義に用いられ,美学上の用語としては,芸術活動の起源をみる場合 (アリストテレスのミメーシス論) ,あるいは芸術の本質は実在の模倣であるとする場合 (リアリズム) などにおいて語られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の模倣の言及

【芸術】より

…ここに芸術が美をとどめおくことばかりか,ひいては美を新たに創造することをも使命として登場する。したがって創作の機構に芸術の特質は最も明らかとなるが,古来の創作論を大別すれば模倣説,表出説,形成説の三つが挙げられる。(1)模倣(再現)説。…

【ミメーシス】より

…西洋における哲学・美学上の概念。〈模倣〉と訳される。この概念は,自然界の個物はイデアの模像mimēma,mimēseisであるとするプラトン哲学の考え(《ティマイオス》)に由来するが,さらにさかのぼれば,数と個物の関係についてのピタゴラス学派の思想にその原型がある。…

【模写】より

…彫刻の場合,模刻とも呼ぶ。芸術作品の創作には模倣,理想化,表出,象徴といった契機が考えられるが,それらは対象への対応の仕方によって異なっている。そのなかでも対象の姿かたちを忠実に模倣,再現しようとする試みは,古今東西の創作活動,とくに造形芸術において重要な課題として行われている。…

※「模倣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android