地歩(読み)チホ

デジタル大辞泉 「地歩」の意味・読み・例文・類語

ち‐ほ【地歩】

ある人が占めている位置、または役柄立場地位。「地歩を固める」
[類語]立場立つ瀬身分立ち位置立脚点立脚地地位位置ポストポジション椅子肩書き役職役付き階級

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「地歩」の意味・読み・例文・類語

ち‐ほ【地歩】

  1. 〘 名詞 〙 拠って立つ所。立脚地。地盤。また、自分の立場。位置。地位。
    1. [初出の実例]「依然満州に占拠し、益々其の地歩を鞏固にして」(出典:露国に対する宣戦の詔勅‐明治三七年(1904)二月一〇日)
    2. 「広い意味での『私小説』は〈略〉抜きがたい地歩を築き」(出典:私小説の系譜(1948)〈中野好夫〉三)
    3. [その他の文献]〔西湖遊覧志余〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「地歩」の読み・字形・画数・意味

【地歩】ちほ

地位。

字通「地」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android