ハイタッチ型地域開発(読み)ハイタッチがたちいきかいはつ(英語表記)high-touch way of regional development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイタッチ型地域開発
ハイタッチがたちいきかいはつ
high-touch way of regional development

生産拠点誘致型の地域開発に対して,文化性,人間性,感性をキーワードにした地域開発をいう。ハイタッチとはハイテクに対応することばで,人間的な心の触れ合いや文化との接触を意味する。地域 CIもその一つ。リゾート開発広義のハイタッチ型である。たとえば高音質の音楽ホール「バッハホール」を造った宮城県加美町中新田の例にも見られる。美術館,ホールなどは地方において存在価値をもち,全国性を発揮しうるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android