コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイタッチ型地域開発 ハイタッチがたちいきかいはつhigh-touch way of regional development

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイタッチ型地域開発
ハイタッチがたちいきかいはつ
high-touch way of regional development

生産拠点誘致型の地域開発に対して,文化性,人間性,感性をキーワードにした地域開発をいう。ハイタッチとはハイテクに対応することばで,人間的な心の触れ合いや文化との接触を意味する。地域 CIもその一つ。リゾート開発も広義のハイタッチ型である。たとえば高音質の音楽ホールバッハホール」を造った宮城県加美町中新田の例にも見られる美術館,ホールなどは地方において存在価値をもち,全国性を発揮しうるものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone