コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインケル はいんけるErnst Heinkel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハインケル
はいんける
Ernst Heinkel
(1888―1958)

ドイツの航空機設計者。ドイツ南部のグルンバッハ出身。工学博士。ハンザ・ブランデンブルク飛行機製作会社の技師長を経て独立、ハインケル飛行機製作所を設立し、戦闘機、爆撃機、連絡機など多くの機体を供給した。またジェット機の開発に努め、1939年に世界最初の単発ジェット機He178型の試作に成功、1941年には最初の双発ジェット戦闘機He280型も製作したが、再生産はされずに終わった。[青木謙知]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハインケルの関連キーワードターボジェット・エンジンエルンスト ハインケルメッサーシュミットガスタービン急降下爆撃機1月24日ホイットル

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android