コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインケル はいんけるErnst Heinkel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハインケル
はいんける
Ernst Heinkel
(1888―1958)

ドイツの航空機設計者。ドイツ南部のグルンバッハ出身。工学博士。ハンザ・ブランデンブルク飛行機製作会社の技師長を経て独立、ハインケル飛行機製作所を設立し、戦闘機、爆撃機、連絡機など多くの機体を供給した。またジェット機の開発に努め、1939年に世界最初の単発ジェット機He178型の試作に成功、1941年には最初の双発ジェット戦闘機He280型も製作したが、再生産はされずに終わった。[青木謙知]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハインケルの関連キーワードターボジェット・エンジンエルンスト ハインケルメッサーシュミットガスタービン急降下爆撃機1月24日ホイットル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android