コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインツェ Heinze, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインツェ
Heinze, Max

[生]1835
[没]1909
ドイツの哲学者。哲学史研究に業績がある。主著『ギリシア哲学における幸福主義』 Der Eudämonismus in der griechischen Philosophie (1883) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハインツェの関連キーワードサンドラ キリアシスハインツェル小僧ローマ美術メンデル官僚制

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android