コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸福主義 コウフクシュギ

大辞林 第三版の解説

こうふくしゅぎ【幸福主義】

幸福を価値の規準、善とし、これの実現を目的とする倫理説。個人の幸福を意味する場合と、公衆の福祉が追求される場合とがある。幸福説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幸福主義
こうふくしゅぎ

行為の目的、行為の義務、正邪の基準を幸福に置く倫理的立場。広義の目的論の一形態である。カントのように目的よりも行為の原則や動機を重んじる立場や、キニコス学派、ストア学派やショーペンハウアーのように、幸福を消極視したり否定したりする立場と対立するが、なんらかの意味での幸福を全面的に否定する道徳観はまれである。また、人格の完成は幸福の一部とみなされるから、完成説はかならずしも幸福主義と矛盾しない。幸福主義は、幸福の具体的内容によってさらに細分化される。たとえば、古典的代表例であるアリストテレスでは、万物の目ざす最高は徳に従った魂の卓越した活動と考えられ、幸福と快楽との同一視が否定されるが、キレネ学派、エピクロス、ホッブズ、功利主義者などは、両者をしばしば同一視する。また、幸福の対象が自己、他人、社会の成員全体のいずれであるかに応じて、幸福主義は利己的、利他的、功利主義的となる。[杖下隆英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

幸福主義の関連キーワード小ソクラテス学派ハインツェ利己主義快楽主義公衆人生価値実現規準福祉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android