ハウアフテア遺跡(読み)ハウアフテアいせき(英語表記)Haua Fteah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハウアフテア遺跡」の解説

ハウアフテア遺跡
ハウアフテアいせき
Haua Fteah

リビアキレナイカ (バルカ) にある旧石器~新石器時代の洞窟遺跡。 1952~55年にルバロア=ムスティエ文化層から旧人の下顎骨が発見され,アフリカにおけるネアンデルタール人の出土遺跡として著名になった。最古の文化はプレオーリニャックの亜流文化。次いでプレオーリニャック文化にルバロア=ムスティエ文化の要素が加わった混合文化,さらにルバロア=ムスティエ文化,ダッバ文化,オラニー文化,新石器文化へと続いている。発見された豊富な動物骨や貝による種の同定,古気温の研究,放射性炭素による年代測定から,乾燥期あるいは温暖期と,湿潤期あるいは寒冷期を繰返した気候変化が,この洞窟占有期間中にあったことが明らかにされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android