旧石器(読み)キュウセッキ

百科事典マイペディアの解説

旧石器【きゅうせっき】

打製の石器。前期旧石器時代には自然礫(れき)の一端だけを加工した簡単な石器が猿人によって作られ,片側から打ち欠いたものをチョッパー,両側から打ち欠いて刃をつけたものをチョッピングトゥールとよぶ。ほかに小型の剥片に加工したスクレーパー,尖頭(せんとう)器などの工具も作られた。原人はチョッピングトゥールを改良したハンド・アックスを作った。中期旧石器時代には旧人がルバロア技法(ルバロア文化)によって武器などを作り,石器作りは計画的作業となった。後期旧石器時代には新人が石刃(せきじん)技法(石刃)によって石器の工具,生産用具,武器の量産が可能になった。→旧石器時代石器
→関連項目岩宿遺跡オルドバイパチタン文化

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうせっき【旧石器】

旧石器時代に使用された打製石器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧石器の関連情報