旧石器(読み)きゅうせっき

百科事典マイペディア「旧石器」の解説

旧石器【きゅうせっき】

打製石器前期旧石器時代には自然礫(れき)の一端だけを加工した簡単な石器が猿人によって作られ,片側から打ち欠いたものをチョッパー,両側から打ち欠いて刃をつけたものをチョッピングトゥールとよぶ。ほかに小型の剥片に加工したスクレーパー,尖頭(せんとう)器などの工具も作られた。原人はチョッピングトゥールを改良したハンド・アックスを作った。中期旧石器時代には旧人がルバロア技法(ルバロア文化)によって武器などを作り,石器作りは計画的作業となった。後期旧石器時代には新人が石刃(せきじん)技法(石刃)によって石器の工具,生産用具,武器の量産が可能になった。→旧石器時代石器
→関連項目岩宿遺跡オルドバイパチタン文化

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「旧石器」の解説

きゅう‐せっき キウセキキ【旧石器】

〘名〙 洪積世人類が用いた打製の石器。塊石のまわりをうち欠いて用いる石核石器と、塊石からはぎとった破片を使う剥片(はくへん)石器がある。用途に応じて器形に数種ある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android