コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧石器 キュウセッキ

百科事典マイペディアの解説

旧石器【きゅうせっき】

打製の石器。前期旧石器時代には自然礫(れき)の一端だけを加工した簡単な石器が猿人によって作られ,片側から打ち欠いたものをチョッパー,両側から打ち欠いて刃をつけたものをチョッピングトゥールとよぶ。
→関連項目岩宿遺跡オルドバイパチタン文化

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうせっき【旧石器】

旧石器時代に使用された打製石器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旧石器の関連キーワード北海道寿都郡黒松内町五十嵐鹿児島県熊毛郡南種子町島間福島県喜多方市高郷町塩坪岩手県遠野市宮守町達曽部旧石器時代遺跡ねつ造事件鹿児島県出水市上大川内宮城県仙台市太白区泉崎宮城県仙台市太白区鹿野鹿児島県奄美市笠利町平岩手県一関市花泉町花泉三重県多気郡大台町栃原奈良県大和高田市池田クサール・アキル遺跡大阪府羽曳野市翠鳥園神奈川県秦野市今泉シャテルペロン文化千葉県我孫子市日秀新潟県長岡市西川口ハンド・アックスコステエンキ遺跡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧石器の関連情報