コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハットゥシャ Hattuşa

デジタル大辞泉の解説

ハットゥシャ(Hattuşa)

トルコの首都アンカラの東約150キロメートルに位置する村ボアズカレの近郊にある遺跡。紀元前17世紀から前13世紀頃にかけて繁栄し、人類史上初めて鉄器を使用したことで知られるヒッタイト帝国の首都とされる。20世紀初頭、ドイツの考古学者ウィンクラーにより発見。大神殿、獅子門、スフィンクス門、王の門、大城塞の遺跡がある。1986年、世界遺産(文化遺産)に登録された。ハットゥサ。ハットゥシャシュ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハットゥシャ

ボアズキョイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ハットゥシャの関連キーワードハットゥシャ:ヒッタイトの首都シュッピルリウマシュ1世西・南アジア史(年表)ハットゥシリシュ3世ヒッタイト美術ヒッタイト帝国ヒッタイト文字ボガズキョイヒッタイト語中東[古代]ヤズルカヤライオンプテリア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android