コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナタデ(花蓼) ハナタデPersicaria posumbu var. laxiflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナタデ(花蓼)
ハナタデ
Persicaria posumbu var. laxiflora

タデ科の一年草。ヤブタデと呼ぶこともある。日本,朝鮮半島,中国,台湾に分布する。山地の木陰に生える。茎は分枝が多く無毛で高さ 35~60cmになる。葉は先が尾のように伸びた卵状披針形で両面にまばらに毛があり,下面に黒い斑紋ができる。鞘状の托葉には縁に長い毛がある。秋,長さ2~5cmの穂状の花穂を出し,まばらに淡紅色の小花をつける。花弁状にみえるのは萼で5深裂し,長さ 1.5~2mm,いわゆるアカノマンマの仲間であるが,最も大きな花をつける種類である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハナタデ(花蓼)の関連キーワードタデ科

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android