コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

托葉 たくようstipule

翻訳|stipule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

托葉
たくよう
stipule

葉柄の基部付近に生じる葉身とは別の状片で,双子葉植物で例が多い。エンドウのように,葉身のおのおのの小葉よりむしろ大型になっていることもあるが,同じマメ科でも線状の小托葉をもつにすぎないものもあり,サルトリイバラではつる状,ニセアカシアではとげに変形するなど,大きさ,形状は変化に富む。葉が伸びきったときには脱落するものが多い。単子葉植物ではやや例が少く,裸子植物では存在しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たく‐よう〔‐エフ〕【×托葉】

葉柄またはその基部につく葉状片。ふつう一対ある。双子葉植物に多くみられ、葉が生長すると落ちるものが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たくよう【托葉】

葉柄の基部付近に生じる葉状・突起状・とげ状などの小片。双子葉植物に多く、裸子植物には見られない。そえば。 →

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

托葉
たくよう

葉の葉柄基部付近に生ずる葉的な部分をいう。双子葉植物に多くみられ、普通は一対となっている。葉は一般に葉身と葉柄と托葉から成り立つといわれ、托葉は葉を構成する基本的な部分であるが、葉柄と托葉の一方、あるいは両方をもたない葉も多い。托葉は葉身に比べて芽の中での成長が速く、未発達の葉身を保護する役割をもつといわれる。また、托葉は春、芽が開いて葉身が展開すると落ちてしまうことが多い。普通、冬芽を覆う鱗片葉(りんぺんよう)は葉に相当するものとみられるが、カバノキ科、ブナ科、ニレ科では、その鱗片葉が托葉に相当するものであると考えられている。エンドウでは托葉に相当する部分が比較的大きく、葉身の部分とともに葉が枯れるまで光合成を行っているし、ユリノキの托葉も緑色で、比較的長く生存する。このように、托葉にはさまざまなものがあり、また系統的にも異なった起源があると思われるが、この問題は学問的には未解決となっている。[原 襄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の托葉の言及

【葉】より

…小さい葉の例としてはウキクサの仲間の例や,コケシノブ科には0.5mmに達しないものもある。葉は葉柄と葉身からできており,托葉をもつものもある。葉柄petiole(stipe)は発達しないものもあるが,一見茎のようにしっかりしているものもある。…

※「托葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

托葉の関連キーワードナンキンナナカマド(南京七竈)クルマバソウ(車葉草)オオツメクサ(大爪草)フタバガキ(双葉柿)クサネム(草合歓)オオタチツボスミレエゾタチカタバミホソバイラクサタチツボスミレワタ(綿/棉)りゅうびんたいヤナギ(柳)センダイハギカラマツソウカワラマツバ伊吹虎の尾ミヤコグサイシミカワツボスミレナデシコ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android