コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハネゴケ

世界大百科事典 第2版の解説

ハネゴケ

苔類のハネゴケ科ハネゴケ属Plagiochilaの総称。苔類の中で最大の属で,世界に約1600種が記録され,地域的な固有種が多い。日本には約20種ある。葉は瓦状に重なり,鋸歯縁をもつ。腹葉は痕跡的。花被は左右に扁平で,広い口をもつ。マルバハネゴケP.ovalifolia Mitt.は全国に普通に産し,陰湿な土上や岩上に群生する。植物体は緑色~緑褐色,茎は斜上し,長さ2~5cm。葉は卵形で,葉縁に多数の小さい鋸歯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハネゴケの関連キーワードヤスデゴケ円葉羽根苔苔類

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android