ハフナー陶器(読み)ハフナーとうき(英語表記)Hafner ware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハフナー陶器
ハフナーとうき
Hafner ware

ドイツ,オーストリア製の陶器の一種。 1350年頃からドイツやアルプス地方で製造。ハフナー暖炉工の意味。本来は暖炉用の浮彫文鉛釉タイルをいったが,16世紀頃からドイツ地方の多彩な浮彫文,刻文陶器,または法花文鉛釉陶器をさすようになった。ニュルンベルクを中心として作られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android