コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハブリーチェク Karel Havlíček Borovský

世界大百科事典 第2版の解説

ハブリーチェク【Karel Havlíček Borovský】

1821‐56
チェコ人ジャーナリスト,作家,政治家。1843年から1年間モスクワに滞在したが,ツァーリズムのロシアに失望し,パン・スラブ主義に批判的となり,チェコ民族の自立性を主張するにいたった。48‐49年の革命期のプラハで,チェコ語の《国民新聞》編集者,オーストリア帝国議会議員としてチェコ人自由主義者の代表となる。革命鎮圧後のバッハ体制のもとで政府とカトリック教権主義を激しく非難し続けたために,51‐55年に南チロルのブリクセン(現,ブレッサノーネ)に幽閉された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハブリーチェクの関連キーワードチェコ文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android