闘士(読み)とうし

精選版 日本国語大辞典「闘士」の解説

とう‐し【闘士】

〘名〙
戦闘闘争に従う人。また、社会運動などで活動する人。戦士
輿地誌略(1826)二「都下の会士の才力在る者を撰て闘士と為す」 〔史記‐蒙恬伝〕
② 戦闘的な人。闘志にみちた人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「闘士」の解説

とう‐し【闘士】

戦闘の場で戦う人。
主義や信念のために熱心に行動する人。「組合運動の闘士
[類語]軍人兵士兵隊兵卒つわもの戦士戦闘員従卒士卒将卒精兵弱兵雑兵ぞうひょう新兵初年兵古兵ふるつわもの老兵敵兵・敗残兵・伏兵番兵歩哨斥候歩兵騎兵砲兵工兵水兵海兵セーラー憲兵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「闘士」の解説

【闘士】とうし

戦う気力ある者。〔左伝、僖十五年〕晉侯、の師を(むか)ふ。をして師をしむ。復して曰く、師はより少なきも、士は我に倍せりと。~に戰ひをはしむ。~壬戌、韓原に戰ふ。

字通「闘」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android